ブログ

屋根修理に適切なメンテナンス時期がある❓❓①

屋根などのメンテナンス時期について


もしこれから屋根修理や補修・メンテナンスを検討している場合、どのタイミングでお願いしたらいいかわからない人がほとんどではないでしょうか??

なぜなら屋根がどういう状況になったら、屋根修理を行うべきかわからないからです。

できることなら適切な時期に工事をしてもらい、少しでも長持ちしてもらいたいですよね!

まず、なぜ屋根修理や屋根塗装などメンテナンスをしないといけないのか知っていきましょう。

屋根は過酷な状況で過ごしている

そうなんです!毎日強い紫外線や時に雨風にさらされる日常。

平部の瓦は大丈夫でも、築15年~20年以上経ってきますと一昔主流だった棟固定をしている銅線の切れやゴムパッキン劣化・棟漆喰(葺き土露出)。屋根塗膜劣化・割れ。シーリング劣化などは時間とともに劣化していきます。

基本的に、これらの劣化状況を知るタイミングは調査等をしてからではないでしょうか?
ただ、なかなか調査等をされている方もそう多くありません。

しかし、この劣化状況のタイミングこそが当社は一番適切な時期だと推奨しております。
費用はかかりますが、適切なメンテナンス費用で済ませれる事がほとんどではないでしょうか。

メンテナンスを怠ると雨漏り事例・崩れ落下などが起きうる。
雨漏りが発生してから修理をするでは、結果的に大きな工事になることが想定されます。
持たせれるものも持たせられないという事です。

だからこそ選択肢がある内に余裕を持った選択をすることが望ましい。
築年数が経っている場合などは、一度お家の屋根状況を知ることを始める為調査等を信頼ある業者さんに依頼するといいかもしれませんね!




-ブログ

Copyright© ≪広島≫屋根調査・屋根瓦修理・外壁塗装の事は【屋根外壁のプロ】(株)三洋住建へ , 2022 All Rights Reserved.