2023年01月23日

BLOG

屋根が割れている😨凍害(寒割れ)なぜ起きる❓

冬本番になってきましたね🥶

広島でも積雪となる地域もありまして、まだまだ寒さは続くので皆様お気をつけください!!
それでは今回屋根瓦の寒さとの関係を少しお話しさせていただきます。

誰も屋根の上にあがったことがないのに瓦が割れている。それはもしかすると『凍害』かもしれません。


屋根の凍害(寒割れ)


凍害とは、屋根材の水分が0℃以下になった時の凍結膨張(水が凍ると体積が大きくなる現象)が発生することで、長期間にわたり凍っては溶ける凍結×融解の繰り返しにより屋根材が徐々に劣化して割れていく事。職人さんや地域によっては凍て割れ・寒割れ言い方はさまざまです。

寒い地方でよく見られる現象で、屋根でも日があたりにくい面や乾燥しにくい北側面などは特になりやすい。
昔の瓦製造の時点で乾燥や焼成が充分ではないまま出荷されている瓦は耐久性が弱く寒割れが起こりやすい傾向があります。

※瓦の種類(メーカー)によっても起こりやすさは違う。屋根瓦に限らずスレート屋根・外壁なども起きます。


屋根瓦の凍害事例


上の写真は屋根の凍害による状態です。

凍害被害により、最終的には『雨漏り事例』になっております。
凍害の恐ろしい所は、生活していて気づかない内に劣化が進行する事です。


凍害はなぜ起きるのか


凍害発生に大きく関わっているのが屋根材製品の『吸水率』

瓦はつまり水を吸う
雨が降ると家を守ってくれている屋根瓦、しっかり雨水を防いでくれているのですが実は雨が降るたびに少なからず水分を吸収しているんです。

そのため、雨・霜や夜露で焼物の気孔に水分が侵入し水分は気温が低下すると凍結するので凍結膨張を繰り返して最終的に瓦を割ってしまいます。

やはり瓦の中でも特に吸水率が高いと言われている粘土瓦やスレート瓦などは特に注意が必要!

※今現在の瓦は厳正な試験JIS規格化されていますので、寒冷地以外ではこのような凍害は発生しない・しにくいと言われております。



凍害を起こしにくいとされる屋根材とは⁉️



石州瓦🇯🇵

寒さに強い石州瓦。
古くから瓦職人たちが伝えてきた『石州ものは凍てに強く水を通さない
そう言われ続けてきたにはしっかりとした理由があります。

陶器瓦業界では吸水率の低さがトップの品質。
石州瓦は島根県の石見地域に広く分布している耐火度 が高い都野津層の粘土を用い, 1200°C以上の高温で焼成して製造されている為。その結果、石州瓦は他産地の瓦よりも凍害や塩害に強いと言われている

瓦の焼成温度比較
※一般的に陶器製品は焼成温度が高いほど高品質と言われています

石州瓦他産地瓦A他産地B
1200℃以上1100℃〜1150℃970℃〜1100℃
石州瓦工業組合調べ
焼物は高温で焼けば焼くほど焼締まっていき気孔が小さくなり、水分を含みにくい製品となります。よって石州瓦は吸水率が一番低いので凍害に強い理由となります。

今では他産地の製品も品質向上していますからね!その中でものお話です😊

広島県では県北・東広島市などでは赤い屋根瓦よく見かけることはないですか?
それはほとんど石州瓦ですよ〜


金属屋根材 ガルバリウム屋根・板金屋根

粘土・セメント系の土由来の屋根材はできあがった状態(新品)で少なからず水分を含んでいるのですが金属屋根材は水分を含むことがないので、水分を含む製品が心配の方は金属屋根材を選択することをお勧めします。

最近ではガルバリウム屋根材も人気ですね😊
重量は瓦より軽いので、重量を少しでも軽くしたい等。軽量を考えている方も良いのではないでしょうか。

屋根は定期的な調査・メンテナンスが大切


屋根は一年中常に雨風にさらされていて長年住んでいる家では屋根材が知らない間に破損してしまっているケースもあります。

定期的な調査・メンテナスこそが屋根を家を長持ちさせるための秘訣です。



広島で屋根や外壁などのお悩み・ご相談・業者選びにお困り事がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。ご相談のみでも構いませんよ😁


それではこのへんで👋


広島で屋根診断・雨漏り調査・外壁塗装などの専門業者をお探しなら株式会社三洋住建へ
一覧へ戻る

CONTACT お問い合わせ

屋根工事・外壁塗装・雨樋修理などは
広島市中区で専門の(株)三洋住建にお任せください。